応用情報技術者 平成21年秋期 午前問34

午前問34

1000BASE-Tのケーブルに関する制約として,適切なものはどれか。
  • カテゴリ5又はそれ以上のUTPケーブルを使用する。
  • 短波長レーザ光を使用したマルチモード光ケーブルを使用する。
  • 長波長レーザ光を使用したシングルモード光ケーブルを使用する。
  • 同軸ケーブルを使用する。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

1000BASE-Tは、伝送媒体としてカテゴリ5(CAT5)以上のシールドなしツイストペアケーブル(UTPケーブル)を使用し、ケーブル長100m以内の範囲で最大1Gbps(1,000Mbps)の通信を行う規格で、IEEE 802.3abとして標準化されています。UTP(Unshielded Twisted Pair)ケーブル内の4対8線の"より対線"を使用し、各ペアに250Mbpsの伝送速度を持たせる事で1Gbpsを実現しています。

イーサネットの規格名は、●●BASE-■■となっており、●●は伝送速度を表す数字、■■はケーブルの種類を表す英数字です。
  • 正しい。1000BASE-Tの説明です。
  • 1000BASE-SX の説明です。
  • 1000BASE-LX の説明です。
  • 1000BASE-Tではカテゴリ5以上のUTPケーブルを伝送路として使用します。同軸ケーブルを使用するのは10BASE2と10BASE5、および1000BASE-CXです。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop