応用情報技術者 平成21年秋期 午前問33

午前問33

関係データベースにおいて,"注文"表から"商品"表への参照制約が設定されている場合の記述のうち,適切なものはどれか。
  • "商品"のタプルが存在すれば,それに対応する"注文"のタプルは存在する。
  • "商品"のタプルと"注文"のタプルはそれぞれ独立に存在する。
  • "注文"のタプルが消滅すれば,それに対応する"商品"タプルも消滅する。
  • "注文"のタプルが存在すれば,それに対応する"商品"のタプルは存在する。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

「"注文"表から"商品"表に参照制約が設定されている」とは2つの表の間に依存関係があることを示してします。
一般に1つの商品は複数の注文に使用されるため、"商品"表の行が削除されるとその行を参照している"注文"表の列(タプル)との参照整合が取れなくなってしまいます。これを防止するために「"注文"表のすべての列が削除対象の"商品"表の行を参照していない場合のみ"商品"表の行を削除できる」というような削除条件を設定します。これを参照制約と言います。
  • 問題文の説明とは逆に"商品"表から"注文"表に参照制約が設定されている場合の説明です。
  • 2つの表の間に依存関係が生じます。
  • "注文"表のタプルが消滅しても,それに対応する"商品"表タプルは消滅しません。この場合参照する側が削除されただけなので参照整合性は崩れません。
  • 正しい。参照する側が存在すれば、参照される側が必ず存在しなくてはなりません。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop