応用情報技術者 平成22年春期 午前問34

午前問34

DBMSのロールフォワードを説明したものはどれか。
  • 更新前ログ情報によって,直近の整合性のとれた状態にする。
  • 障害のもととなったプログラムを修正し,再実行によって回復する。
  • チェックポイント情報と更新後ログを使って回復する。
  • データベースのレコードの内容を,SQLを使って直接修正する。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H19春期 問68

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

ロールフォワードは、前進復帰と訳されシステムに障害が起こったときに行われる回復処理です。更新後ログを用いて今まで処理したトランザクションを再現しシステム障害直前までデータベース情報を復帰させます。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop