応用情報技術者平成27年春期 午前問13

午前問13

1件のデータを処理する際に,読取りには40ミリ秒,CPU処理には30ミリ秒,書込みには50ミリ秒掛かるプログラムがある。このプログラムで,n件目の書込みと並行してn+1件目のCPU処理とn+2件目の読取りを実行すると,1分当たりの最大データ処理件数は幾つか。ここで,OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H25秋期 問15
  • 応用情報技術者 R1秋期 問15
  • ソフトウェア開発技術者 H17春期 問31
  • ソフトウェア開発技術者 H19春期 問33

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

並列処理の流れを整理して図で表すと次のようになります。
13.gif/image-size:529×210
上図の赤枠部分を見るとわかるように、50ミリ秒を要する書込み処理が並列処理のボトルネックとなり、1分間に処理できる書込み件数がそのまま最大データ処理件数に相当することがわかります。

1分は「60秒×1,000ミリ秒=60,000ミリ秒」なので、1分当たりの最大データ処理件数は、

 60,000ミリ秒÷50ミリ秒=1,200件

したがって「エ」の1,200件が適切です。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop