応用情報技術者平成31年春期 午前問11

午前問11

ZigBeeの説明として,適切なものはどれか。
  • 携帯電話などのモバイル端末とヘッドセットなどの周辺機器とを接続するための近距離の無線通信として使われる。
  • 赤外線を利用して実現される無線通信であり,テレビ,エアコンなどのリモコンに使われる。
  • 低消費電力で低速の通信を行い,センサネットワークなどに使われる。
  • 連絡用,業務用などに利用される小型の携帯型トランシーバに使われる。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

ZigBee(ジグビー)は、同じ無線通信規格のBluetoothよりも低速(20Kbps-250kbps)で伝送距離も短い(30cm程度)ながら、乾電池程度の電力で数年連続で稼働できる省電力性と低コストの利点を有する無線通信規格です。
11.gif/image-size:215×85
規格のベース部分にはWPAN(Wireless Personal Area Network)の規格であるIEEE 802.15.4が使用され、主にIoTなどによるセンサネットワークの構築を目的として策定されました。また最大接続台数もBluetoothと比較して非常に多く、理論上は最大65,536台の端末を無線通信で接続可能です。

ZigBeeの名称はミツバチ(Bee)が花の周りをジグザグに飛び回る行動にちなんで名付けられました。
  • Bluetoothの説明です。
  • ZigBeeは電波を使用します。ちなみに日本における赤外線リモコンの方式には、NEC/家製協/SONYフォーマットの3種類があります。
  • 正しい。ZigBeeの説明です。※この説明だけだとLPWAとも取れますが...
  • ZigBeeは極近距離ネットワーク用なので、トランシーバの用途には向きません。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop