応用情報技術者平成31年春期 午前問31

午前問31

プライベートIPアドレスを割り当てられたPCがNAPT(IPマスカレード)機能をもつルータを経由して,インターネット上のWebサーバにアクセスしている。WebサーバからPCへの応答パケットに含まれるヘッダ情報のうち,このルータで書き換えられるフィールドの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,表中の〇はフィールドの情報が書き換えられることを表す。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

NAPT(Network Address Port Translation)は、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを1対1で相互変換するNATの考え方に、ポート番号でのクライアント識別を組み合わせた技術です。ホストごとにユニークなポート番号を割り当てることで、1つのグローバルIPアドレスで複数のプライベートIPアドレスを持つノードを同時にインターネット接続させることが可能です。

NAPT対応機器は、クライアントのプライベートIPアドレスとポート番号をグローバルIPアドレスと任意のポート番号に変換し、変換前の情報を変換テーブルに記録しておきます。インターネットから応答が返ってきたときには、宛先ポート番号を見て変換テーブルから対応するプライベートIPアドレスを探し、変換前のプライベートIPアドレスとポート番号に戻してクライアントに送信します。
31a.gif/image-size:448×207
本問は、インターネット上のWebサーバからPCに返される応答パケットについて問うているので、ルータ経由時に置き換えられるヘッダ情報は宛先ポート番号宛先IPアドレスになります。したがって「イ」の組合せが正解です。
© 2010-2022 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop