応用情報技術者平成21年春期 午前問19

午前問19

主記憶への1回のアクセスが200ナノ秒で,ページフォールトが発生すると1回当たり100ミリ秒のオーバヘッドを伴うコンピュータがある。ページフォールトが主記憶アクセスの50万回に1回発生する場合,ページフォールトは1秒あたり最大何回発生するか。ここで,ページフォールトのオーバヘッド以外の要因は考慮しないものとする。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

ページフォールトは平均50万回のアクセスで1回発生します。ページフォールトが1回発生するまでの主記憶へのアクセス時間の合計は、

 200ナノ秒×50万回
=(200×10-9)×(50×104)
=10,000×10-5
=100×10-3

という計算で100ミリ秒だとわかります。

ページフォールトが発生すると1回当たり100ミリ秒のオーバヘッドを伴うので、アクセス時間100ミリ秒+ページフォールトのオーバーヘッド100ミリ秒で、計200ミリ秒のサイクルをとることがわかります。

このとき、1秒(=1000ミリ秒)当たりに発生するページフォールトの数は、「1000ミリ秒÷200ミリ秒=5回」です。したがって「ウ」が正解です。
19.gif/image-size:534×142
© 2010-2020 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop