応用情報技術者 平成23年特別 午前問28

午前問28

"社員扶養家族"表の列"社員番号"の値が"社員"表の候補キーに存在しなければならないという制約はどれか。
  • 一意性制約
  • 形式制約
  • 参照制約
  • ドメイン制約

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

データベースでは格納されているデータの整合性を保つために、表中の行と列、または表と表の間において整合性制約と呼ばれるものが定義されています。

参照制約では、表への追加と削除の時に注意が必要になります。外部キーを持つレコードを追加する場合に、その外部キーの値は参照先のレコードの主キーとして存在するものでなければなりません。また、別表から主キーの値を参照されている行は削除することができません。
  • 一意性制約は、表内の行を一意に特定できることを要求する制約です。これにNOT NULL制約を加えたものが主キー制約です。
  • 項目や定義域におけるデータ数や桁数などの制約です。
  • 正しい。データベースの複数の表間における相互関連に関する制約です。外部キーによって別表を参照するときに、参照先のレコードが存在することを保証します。
  • 列の持つ値は定義域(ドメイン)の要素でなければならないという制約です。
※ドメイン…属性が取り得る値の集合のこと
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop