応用情報技術者平成27年秋期 午前問31

午前問31

図のようなネットワーク構成のシステムにおいて,同じメッセージ長のデータをホストコンピュータとの間で送受信した場合のターンアラウンドタイムは,端末Aでは100ミリ秒,端末Bでは820ミリ秒であった。上リ,下りのメッセージ長は同じ長さで,ホストコンピュータでの処理時間は端末A,端末Bのどちらから利用しても同じとするとき,端末Aからホストコンピュータへの片道の伝送時間は何ミリ秒か。ここで,ターンアラウンドタイムは,端末がデータを回線に送信し始めてから応答データを受信し終わるまでの時間とし,伝送時間は回線速度だけに依存するものとする。
31.gif/image-size:267×86

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

2つの回線の速度差に着目して答えを導いていきます。

まずホストコンピュータでの処理時間を求めます。
伝送時間はターンアラウンドタイムからホストコンピュータの処理時間を引いた時間なので、ホストコンピュータの処理時間を a とすると、次のような式で表せます。
  • 端末A:(100−a)ミリ秒
  • 端末B:(820−a)ミリ秒
この値と2つの回線速度の速度差は10倍であることを利用すると

 (100−a)×10=820−a

という方程式を立てることができます。この式を解きホストコンピュータでの処理時間を導きます。

 (100−a)×10=820−a
 1000−10a=820−a
 180=9a
 a=20(ミリ秒)

したがって端末Aからホストコンピュータへの片道の伝送時間は、

 (100−20)÷2=40(ミリ秒)
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop