HOME»応用情報技術者試験掲示板»平成26年秋期 午前問14

応用情報技術者試験掲示板

掲示板検索:
スレッド一覧

平成26年秋期 午前問14[1160]

助け人さん(No.1)

今の解説よりも計算量が少ない方法で求めるのはいかがでしょうか?

        プリンタA  プリンタB
ケース1    ○          ○
ケース2    ○          ×
ケース3    ×          ○
ケース4    ×          ×

今の解説では、1−ケース1の確率−ケース4の確率で求めていますが、単純にケース2の確率+ケース3の確率で求めた方が計算量が少ないです。
つまり、0.7×(1−0.6)+(1−0.7)×0.6=0.46

2018.05.15 21:35

返信投稿用フォーム

スパム防止のために初投稿日から2カ月以上経過したスレッドへの書き込みは禁止しています。

© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop