応用情報技術者平成31年春期 午前問76

午前問76

表の事業計画案に対して,新規設備投資に伴う減価償却費(固定費)の増加1,000万円を織り込み,かつ,売上総利益を3,000万円とするようにしたい。変動費率に変化がないとすると,売上高の増加を何万円にすればよいか。
76.gif/image-size:238×189
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H22秋期 問75

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

まず、必要な売上高を求めるのに必要な数値を以下のように求めます。
  • 変動費率 … 10,000÷20,000=0.5
  • 固定費 … 8,000+(増加分)1,000=9,000
上記の変動費率と固定費をもとに、「売上高=変動費+固定費+売上総利益」の関係を使って計算します。

売上高を a とおくと、

 a=0.5a+9,000+3,000
 0.5a=12,000
 a=24,000(万円)

なので、3,000万円の売上総利益を得るためには24,000万円の売上高が必要であることになります。

現在の事業計画案では20,000万円の売上高を予定しているため、

 24,000−20,000=4,000(万円)

4,000万円の売上高の増加が必要となります。

〔別解〕
損益分岐点を求める公式 「損益分岐点売上高=固定費÷(1−変動比率)」を使い、固定費の部分に売上総利益を繰り入れて、

 必要売上高=(9,000+3,000)÷0.5=24,000

と求めることも可能です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop