応用情報技術者過去問題 平成24年秋期 午後問2

⇄問題文と設問を画面2分割で開く⇱問題PDF⇱解答用紙PDF

問2 プログラミング

Nクイーン問題に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 Nクイーン問題とは,N×Nマスの盤上で互いの利き筋に当たらないようなN個のクイーンの配置を見つける問題である。クイーンは,縦・横・斜めのいずれか一方向にどこまでも移動することができ,一度に移動できる範囲をクイーンの利き筋という。8×8マスの盤上の行5列6に配置したクイーンの利き筋を,図1に示す。また,8×8マスの場合のNクイーン問題の解の一つを図2に示す。
 なお,Nクイーン問題の解は存在しないこともあるし,複数存在することもある。
pm02_1.gif/image-size:466×145
 Nクイーン問題に対し,空の盤上にクイーンを配置し,その配置したクイーンの利き筋に当たらない位置を探索しながら,行順にクイーンを配置するという,次のような解法を考えた。

〔Nクイーン問題の解法〕
  • 1行目において,1列目にクイーンを配置する。次にこの1行目のクイーンの利き筋に当たらない2行目の列を1列目から順に探索し,クイーンを配置する。同様に次の行以降も,既に配置したクイーンの利き筋に当たらない列を探索し,クイーンを配置する。
  • N行目までクイーンが配置できた場合は,解の一つが見つかったとして終了する。
  • ある行でクイーンが配置できる列が見つからなかった場合は,一つ前の行に戻り,その行のクイーンを取り除く。取り除いたクイーンの次の列以降で,クイーンが配置できる列を探索する。それでも列が見つからなかった場合は,更に前の行に戻り,同様に繰り返す。
  • 1行目においてもクイーンが配置できる列がなくなった場合は,このNクイーン問題の解はないということで終了する。
〔利き筋の判定〕
 行 i 列 k のマスが既に配置したクイーンの利き筋に当たるか否かを容易に判別できるよう,盤面の利き筋の方向別に配列 col(列方向),upwd(斜め上方向)及び downwd(斜め下方向)を用意した(図3〜5)。解法では,一つの行には一つしかクイーンが配置されないので,行方向の判別は行う必要がない。
 各配列の要素の値は,その方向にまだクイーンが配置されていないとき FREE となり,既に配置されているとき NOT_FREE となる。各要素の初期値は FREE である。図3〜5の矢印の先の番号は,各配列の添字に対応する。N×Nマスの場合,配列 col の大きさはNであり,upwd と downwd の大きさはともにである。
pm02_2.gif/image-size:490×180
 例えば,図6のように8×8マスの盤上の行 1 列 1 と行 2 列 3 のマスにクイーンを配置した場合は,col[1],col[3],upwd[1],upwd[4],downwd[7] 及び downwd[8]の値がNOT_FREEとなる。一般にN×Nマスの盤上の行 i 列 k のマスにクイーンを配置した場合は,col[k],upwd[i+k−1] 及び downwd[]の 値がNOT_FREEとなる。
pm02_3.gif/image-size:314×166
〔Nクイーン問題の解法のプログラム〕
 i 行目以降についてクイーンの配置の仕方を探索する再帰関数 search のプログラムを図7に,メインプログラムを図8に示す。 関数 search は i 行目以降のクイーンの配置の仕方が見つかった場合に SUCCESS を,見つからなかった場合に FAILURE を戻す。
 配列 pos は,行番号を添字とし,その行に配置したクイーンの位置(列番号)を値とする。配置されていない場合の値は 0 である。
pm02_4.gif/image-size:523×720

設問1

N×Nマスの場合,本文中のに入れる適切な字句を答えよ。

-解答入力欄-

  • ア:

-解答例・解答の要点-

  • ア:2N−1

-解説-

について〕
N×Nマスの場合の配列 upwd と downwd の大きさが入ります。

N=8のときには本文中の図で示されているように15ですが、Nに別の値を当てはめてみると、例えばN=3のときには5、N=4のときには7となります。この関係をNを使って一般化すると、配列 upwd と downwd の大きさは「2N−1」と表せます。
pm02_6.gif/image-size:361×182
=2N−1

設問2

N×Nマスの場合,本文及び図7中のに入れる適切な字句を答えよ。

-解答入力欄-

  • イ:

-解答例・解答の要点-

  • イ:i−k+N

-解説-

について〕
配列 downwd の添字を求める式が入ります。

図5を見ると、左に位置するマスほど、下に位置するマスほど大きな添字になっていることがわかります。図6の downwd[7] および downwd[8]の例だけだと一般化した式が思い付きにくいですが、右上隅のマスと左下隅のマスに注目すると、i、k、添え字に以下の関係があります。
  • 右上(i=1, k=8)のマス → 1
  • 左下(i=8, k=1)のマス → 15
1行下に行くと添字が1増えるので i はそのまま加算すれば良いと推測できます。あとは、k=8のとき0となり、k=1のとき7となる式ですが、これは「8−k」で求められます。8はマス目のサイズを表しているので、N×NマスのときにはNとなります。したがって、N×Nマスの場合、行i列kのマスの斜め下方向の情報が格納される、配列 downwd の添字は「i+N−k」と一般化できます。※項の順番が模範解答と異なりますが、意味は同じなので問題ないでしょう。

=i−k+N

設問3

〔Nクイーン問題の解法のプログラム〕について,(1)〜(3)に答えよ。
  • 図7中のに入れる適切な字句を答えよ。
  • 図8中のに入れる適切な字句を答えよ。
  • 4×4マスの場合,このプログラムによる解を図9に示す。この結果が得られるまでに,図7中の①の部分は何回実行されるか答えよ。
pm02_5.gif/image-size:117×116

-解答入力欄-

    • ウ:
    • エ:
    • オ:
    • カ:
    • キ:
    • ク:

-解答例・解答の要点-

    • ウ:k
    • エ:1
    • オ:N
    • カ:pos[i]←k
    • キ:i+1
    • ク:1
    • 4

-解説-

  • について〕
    クイーンを配置できるマスを探索するための繰返し条件が入ります。

    問題文の〔Nクイーン問題の解法〕には、次の記述があります。
    • 1行目において、1列目にクイーンを配置する。次にこの1行目のクイーンの利き筋に当たらない2行目の列を1列目から順に探索し、クイーンを配置する。同様に次の行以降も、既に配置したクイーンの利き筋に当たらない列を探索し、クイーンを配置する。
    すなわち、N=8の場合は (i,k) = (1,1)から順に(1,2)、(1,3)、(1,4)、……、(1,8)というように、クイーンのおける場所が見つかるまで探索します。対象行の列を1つずつ順に探索するためには、kが1からNになるまで1ずつ増やしながら繰り返すことになるので、for文の繰返し条件は「k1からNまで1ずつ増やす」となります。

    =k、=1、=N

    について〕
    図7の5行目に、「// クイーンを配置する」とあるため、空欄にはクイーンを配置する処理が当てはまることがわかります。

    問題文の〔Nクイーン問題の解放プログラム〕には、クイーンの配置に関して以下の記述があります。
    • 配列posは、行番号を添字とし,その行に配置したクイーンの位置(列番号)を値とする。配置されていない場合の値は0である。
    つまり、配列posには行ごとにクイーンが配置されている列番号が入ります。現在処理している行番号は i ですから、pos[i] にクイーンの配置場所が見つかったときの列番号である k を代入する処理が適切です。したがって、空欄には「pos[i] ← k」が入ります。

    =pos[i] ← k

    について〕
    関数 search の再帰呼出しを行う際の引数を考えます。

    問題文の〔Nクイーン問題の解法〕〔Nクイーン問題の解法のプログラム〕には、以下の記述があります。
    • …クイーンを配置する。同様に次の行以降も,既に配置したクイーンの利き筋に当たらない列を探索し,クイーンを配置する。
    • i行目以降についてクイーンの配置の仕方を探索する再帰関数searchのプログラムを図7に、…に示す。
    Nクイーン問題の解法では、その行にクイーンが配置できた場合、1つ下の行の探索に移ります。これが図7のプログラムにおける再帰呼出しの部分です。関数 search 中において現在探索している行は引数 i が保持していますから、1つ下の行を対象に探索を実行するには search(i+1) を呼び出すのが適切です。

    search(i+1)の呼出し後は、1つ下の行にクイーンが配置できた場合には SUCCESS が、配置できなかった場合には FAILURE が返されます。 FAILURE が返された場合には、復帰後(呼出し元)の関数 search において、列kからクイーンを取り除き、再度 k+1 行目以降のクイーンを配置できるマスを探すことになります。

    =i+1

  • について〕
    〔Nクイーン問題の解法〕にあるように、探索は1行目から始まります。その後、再帰呼出しによって2行目、3行目、…、N行目まで探索が行われる流れになっています。これはNの値が増減しても変わりません。よって、メインプログラムが関数 search を呼び出す際の引数は「1」です。

    =1

  • 図7中の①の処理とは、1行下の行にクイーンが配置できなかったときに、呼出し元の行でクイーンを取り除く処理です。4×4マスの場合の探索の様子をトレースすると次のようになります。以下、行i列kを(i, k)と表記しています。
    search(1)
    (1, 1)にクイーンを配置、search(2)を呼び出す
    search(2)
    (2, 3)にクイーンを配置、search(3)を呼び出す
    search(3)
    配置できる場所がないので、search(2)にFAILUREを返す
    search(2)
    (2, 3)のクイーンを取り除く。(2, 4)にクイーンを配置し、search(3)を呼び出す
    ここで1回目の①が実行されます。
    pm02_7.gif/image-size:451×259
    search(3)
    (3, 2)にクイーンを配置、search(4)を呼び出す
    search(4)
    配置できる場所がないので、search(3)にFAILUREを返す
    search(3)
    (3, 2)のクイーンを取り除く。それ以降配置できる場所がないので、search(2)にFAILUREを返す
    ここで2回目の①が実行されます。
    pm02_8.gif/image-size:467×123
    search(2)
    (2, 4)のクイーンを取り除く。それ以降配置できる場所がないので、search(1)にFAILUREを返す
    search(1)
    (1, 1)のクイーンを取り除き、(1, 2)に配置し、search(2)を呼び出す
    ここで3、4回目の①が実行されます。
    pm02_9.gif/image-size:467×123
    後は①が実行されることなく4行目までクイーンの配置場所が決まります。
    search(2)
    (2, 4)にクイーンを配置、search(3)を呼び出す
    search(3)
    (3, 1)にクイーンを配置、search(4)を呼び出す
    search(4)
    (4, 3)にクイーンを配置、i=Nとなったので終了
    pm02_10.gif/image-size:431×124
    したがって①部分が実行される回数は「4回」です。

    ∴4
問2成績

平成24年秋期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 採点講評
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop