ネットワーク応用 (全25問中17問目)

No.17

ATM交換方式の特徴として,適切なものはどれか。
  • ATMのプロトコルには,音声・データ・画像のディジタル符号化方式が含まれる。
  • LANとWANのそれぞれに対応する機器が販売されており,LANとWANで共通に使用できるプロトコルとして,TCP/IPに代わるものと期待される。
  • 広帯域ISDNを実現する技術であり,網インタフェースには数kビット/秒の低速から100Mビット/秒を超える高速まで様々な速度で使用できる。
  • 情報をセルと呼ばれる固定長のブロックに分割して送受信する。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

ATM(Asynchronous Transfer Mode)は、高速通信を可能とするために送信するデータを48バイトのペイロード部に5バイトのヘッダ情報を付けた合計53バイトの固定セルに分割してデータをやり取りする交換方式です。
  • ディジタル符号化方式は含まれていません。
  • ATMはデータリンク層のプロトコルなので、トランスポート層のプロトコルであるTCP、ネットワーク層のプロトコルであるIPの代わりにはなりません。
  • ATMは、0.5Mビット/秒よりも低速な通信速度には適していません。
  • 正しい。ATMではデータを53バイトのブロックに分割して、そのブロック単位で送受信を行います。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop