セキュリティ実装技術 (全61問中5問目)

No.5

パケットフィルタリング型ファイアウォールが,通信パケットの通過を許可するかどうかを判断するときに用いるものはどれか。
  • Webアプリケーションに渡されるPOSTデータ
  • 送信元と宛先のIPアドレスとポート番号
  • 送信元のMACアドレス
  • 利用者のPCから送信されたURL

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

ファイアウォールには幾つかの方式がありますが、パケットフィルタリング型は、パケットのヘッダ部分に含まれる「送信元/宛先IPアドレス」「送信元/宛先ポート番号」「通信の方向」などの情報と、FW内部のフィルタリングルールを比較することでパケット通過の可否を決定する方式です。ここでいうヘッダ部分とは、IPヘッダ又はTCP/UDPヘッダを指します。

したがって「イ」が適切な記述です。
data-full-width-responsive="true">
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop