ソフトウェア構築 (全29問中14問目)

No.14

ホワイトボックステストのテストケースを設計する際に使用するものはどれか。
  • 原因−結果グラフ
  • 限界値分析
  • 条件網羅
  • 同値分割

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

ホワイトボックステストは、プログラムの内部構造に注目して行われるテストで、制御の流れの正当性を検証する目的で行われます。一方ブラックボックステストは、内部構造や論理構造には一切着目せずに入力値に対して正しい結果が得られるかどうかに着目したテスト行います。

ホワイトボックステストのテストケース作成には、"命令網羅・判定条件網羅・条件網羅・判定条件/条件網羅・複数条件網羅"、ブラックボックステストのテストケース作成には、"同値分割・限界値分析・原因結果グラフ"が用いられます。

このことからホワイトボックステストの際に使われる手法は「条件網羅」が正しいことになります。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop