ソフトウェア構築 (全29問中16問目)

No.16

あるプログラムについて,流れ図で示される部分に関するテストを,命令網羅で実施する場合,最小のテストケース数は幾つか。ここで,各判定条件は流れ図に示された部分の先行する命令の結果から影響を受けないものとする。
48.gif/image-size:141×263
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H18秋期 問44

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

ホワイトボックステストにおける網羅性のレベルである「命令網羅」とは、すべての命令を少なくとも1回は実行するようにテストケースを設計することです。

網羅性のレベルには以下の5種類があります。
命令網羅
すべての命令を少なくとも1回は実行する。
判定条件網羅
判定条件の真偽を少なくとも1回は実行する。
条件網羅
判定条件が複数ある場合に、それぞれの条件が真・偽の場合を組み合わせたテストケースを設計する。
判定条件・条件網羅
判定条件網羅と条件網羅を組み合わせてテストケースを設計する。
複数条件網羅
判定条件のすべての可能な結果の組合せを網羅し、かつ、すべての命令を少なくとも1回は実行するようにテストケースを作成する。
問題文の流れ図のテストを命令網羅で実行すると以下のようになり、テストケースが最低3個あればすべての命令を検証することができます。
48a.gif/image-size:141×263
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop