データベース設計 (全54問中21問目)

No.21

第1,第2,第3正規形とそれらの特徴a〜cの組合せとして,適切なものはどれか。
  1. どの非キー属性も,主キーの真部分集合に対して関数従属しない。
  2. どの非キー属性も,主キーに推移的に関数従属しない。
  3. 繰返し属性が存在しない。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H30秋期 問28
  • ソフトウェア開発技術者 H17秋期 問64
  • ソフトウェア開発技術者 H20秋期 問62

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

第1、第2、第3正規形の条件は以下の通りです。ここで、関数従属とは一方の属性集合の値 (の集合) がもう一方の属性集合の値 (の集合) を一意に決定する関係のことをいいます。
第1正規形
全ての属性が単一値である状態
第2正規形
第1正規形を満たし、かつ、主キーに部分関数従属する(主キーの真部分集合に関数従属する)属性が存在しない状態
第3正規形
第2正規形を満たし、かつ、主キーからの推移的関数従属が存在しない状態
第1正規形がc,第2正規形がa,第3正規形がbなので、正しい組合せは「ウ」です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop