データベース設計 (全54問中48問目)

No.48

事業本部体制をとっているA社で,社員の所属を管理するデータベースを作成することになった。データベースは表a,b,cで構成されている。新しいデータを追加するときに,ほかの表でキーになっている列の値が,その表に存在しないとエラーとなる。このデータベースに,各表ごとにデータを入れる場合の順序として,適切なものはどれか。ここで,下線は各表のキーを示す。
70.gif/image-size:317×99
  • 表a→表b→表c
  • 表a→表c→表b
  • 表b→表a→表c
  • 表b→表c→表a

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

3つの表の参照関係を整理すると次のようになります。
70a.gif/image-size:317×150
まず外部参照列のないb表にデータを追加し、次にb表を外部参照しているc表にデータを追加、最後にb,c両方の表を外部参照してるa表という順序であれば参照エラーを起こすことなく表にデータを入れることができます。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop