データ操作 (全53問中41問目)

No.41

ビューGOODMAKERを用いて検索する次のSELECT文と同等な表を導出するSQL文はどれか。
64.gif/image-size:447×130

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

CREATE VIEWで定義されるビュー"GOODMAKER"は、MAKER表からMAKER.STATUSが20を超える行を選択し、MNO,STATUS,AREA列を抜き出したものです。またその次のSQL文は、ビュー"GOODMAKER"のAREA列が'TOKYO'ではない行を選択し、MNO,STATUS,AREA列を抜き出したものです。

まとめるとビューを選択する時点で「MAKER.STATUSが20を超える行」が抽出,続くSQL文では「AREA列が'TOKYO'ではない行」が抽出されているので、2つの条件を含むSQL文であれば同等な表を得ることができることがわかります。
  • SELECT句でMAKER表の列を指定しているのに、FROM句にはMAKER表が指定されていないので不適切です。
  • 正しい。条件指定も正しく、ANDで結合されています。
  • 2つの条件指定は適切ですが、条件の結合がORになっているので不適切です。
  • AREAが'TOKYO'である行が選択されてしまうので不適切です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop