オリジナル模擬試験1 問12

問12

メモリの誤り検出方式の中で,ある程度の誤り訂正機能を持つ方式はどれか。
  • ハミング符号
  • 巡回冗長符号(CRC)
  • 垂直パリティ符号
  • 水平パリティ符号

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

メモリ誤りを検出する各方式についてまとめておきます。
ハミング符号
ECCメモリやRAID 2などで採用されている方式で、1ビット誤り(訂正可能)か 2ビット誤り(訂正不可能)のどちらがを判断することができる。符号語全体のパリティビットを加えた拡張ハミング符号では、1ビットの誤り訂正と同時に、2ビットまでの誤りの検出を行うことが可能。
巡回冗長符号(CRC)
CRC(Cyclic Redundancy Check)とは、イーサネットなどの各種通信やZIPやPNGなどで採用されている方式で、任意長のデータストリームを入力とし、例えば32ビット整数などの固定サイズの値を出力する関数の一種です。この出力される値をチェックサムとして使用した誤り検出方式で、連続した誤りを検出できるという長所があります。
垂直パリティ符号
1ビットの誤りのみ検出することが可能です。
水平パリティ符号
1ビットの誤りのみ検出することが可能です。
したがって、ある程度の誤り訂正機能を持つのは、ハミング符号だけということになります。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop