応用情報技術者令和6年春期 午前問20

問20

エアコンや電気自動車でエネルギー効率のよい制御や電力変換をするためにパワー半導体が用いられる。このパワー半導体の活用例の一つであるインバータの説明として,適切なものはどれか。
  • 直流電圧をより高い直流電圧に変換する。
  • 直流電圧をより低い直流電圧に変換する。
  • 交流電力を直流電力に変換する。
  • 直流電力を交流電力に変換する。

分類

テクノロジ系 » ハードウェア » ハードウェア

正解

解説

インバータは、直流電力を交流電力に変換する装置です。太陽光パネルや風力発電などで得られる直流電力を、交流である家庭や産業用電力ネットワークに供給するために使われます(パワーコンディショナーと呼ばれる装置がインバータです)。また、モーターや家電製品など、交流電源を必要とする機器の駆動を周波数で制御するためにもインバータは利用されます。

インバータが直流⇒交流の変換であるのに対して、交流⇒直流の変換を行うのがコンバータです。

したがって「エ」が正解です。
  • 昇圧トランス(変圧器)の説明です。
  • 降圧トランス(変圧器)の説明です。
  • コンバータの説明です。
  • 正しい。インバータの説明です。
© 2010-2024 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop