応用情報技術者 平成27年秋期 午前問47

午前問47

ソフトウェア開発に利用されるピアレビューの説明として,適切なものはどれか。
  • 同じ職場内の様々なスキルや知識をもつレビューアによって,成果物を検証する。
  • 成果物の内容を審査して,次の開発工程に進むための関門(審査・承認)として実施する。
  • 早期に成果物から欠陥を取り除くことが目的なので,管理職のメンバの参加が必要である。
  • プロトタイピングで試作したソフトウェアの動作を,発注元の会社と検証する。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

ピアレビュー(Peer Review)の「ピア(peer)」には同僚という意味があり、ドキュメントやコーディング作業が終了したソースコードに対して、作成者の同僚や研究仲間など立場の近いもの同士が実施しあうレビューのことをいいます。成果物の品質や生産性の向上、及びチーム内での知識共有を促進することを目的として実施され、「欠陥の有無」や「コーディング規約の遵守」「仕様書の内容が反映されているか」などが検証されます。
代表的な手法としてインスペクション、チームレビュー、ウォークスルー、パスアラウンド、ピアデスクチェック、アドホックレビューなどがあります。
  • 正しい。
  • デザインレビューの特徴です。ピアレビューは成果物の審査・承認が目的ではありません。
  • 同じ立場の技術者同士でレビューを行います。
  • 共同レビューの特徴です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop