応用情報技術者平成31年春期 午前問35

午前問35

Webサーバを使ったシステムにおいて,インターネット経由でアクセスしてくるクライアントから受け取ったリクエストをWebサーバに中継する仕組みはどれか。
  • DMZ
  • フォワードプロキシ
  • プロキシARP
  • リバースプロキシ

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

リバースプロキシは、クライアントとWebサーバの間のWebサーバ側に位置し、Webサーバを代理する形でクライアントからのリクエストを受け取り、そのリクエストをWebサーバに受け渡す仕組みです。
クライアントからのリクエストは必ずリバースプロキシを経由するので、リバースプロキシにアクセス制御や認証などの機能をもたせることで、Webサーバのセキュリティ向上が期待できます。
35.gif/image-size:478×457
  • DeMmilitarized Zoneの略。非武装地帯の意味をもち、外部からアクセスされる可能性のある公開サーバ(Webサーバ・メールサーバ・プロキシサーバなど)などの情報資源を配置するためのネットワークセグメントのことです。外部ネットワーク及び内部ネットワークとファイアウォールで隔てられており、ファイアウォールの中でも外でもない中間的なエリアに位置付けられます。
  • 単にプロキシともいいます。クライアントとWebサーバの間のクライアント側に位置し、クライアントの要求を受け取り、クライアントに代わってWebサーバにアクセスする仕組みです。
  • プロキシARPは、あるホスト宛てのARP要求に対して代理でARP応答をする機能で、ルータなどに備わっています。
  • 正しい。リバースプロキシは、インターネット上のクライアントからのリクエストを内部ネットワークのWebサーバに中継する仕組みです。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop