応用情報技術者平成31年春期 午前問58

午前問58

システム監査における"監査手続"として,最も適切なものはどれか。
  • 監査計画の立案や監査業務の進捗管理を行うための手順
  • 監査結果を受けて,監査報告書に監査人の結論や指摘事項を記述する手順
  • 監査項目について,十分かつ適切な証拠を入手するための手順
  • 監査テーマに合わせて,監査チームを編成する手順
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H22秋期 問58

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

監査手続とは、システム監査人が十分かつ適切な監査証拠を入手するための手続のことをいい、予備調査と本調査に分けて実施されます。監査手続で入手した監査証拠は、システム監査報告書に記載する事項の裏付けとなります。
監査手続の手法には、チェックリスト法、ドキュメントレビュー法、インタビュー法、突合・照合法、現場調査法などがあります。

したがって正解は「ウ」です。
  • 監査計画の立案の手順です。
  • 監査報告書作成の手順です。
  • 正しい。監査手続の手順です。
  • 監査業務の体制構築の手順です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop