応用情報技術者平成31年春期 午前問65

午前問65

要件定義において,利用者や外部システムと,業務の機能を分離して表現することによって,利用者を含めた業務全体の範囲を明らかにするために使用される図はどれか。
  • アクティビティ図
  • オブジェクト図
  • クラス図
  • ユースケース図
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H22秋期 問66
  • 応用情報技術者 H27秋期 問64

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 要件定義

正解

解説

ユースケース図は、UMLの中でもシステムの振る舞いを表現する図で、システムに要求される機能を、ユーザの視点から示した図です。ユースケース図を有効に活用することにより、システムの全体像を開発者とユーザが一緒に評価しやすくなる利点があります。
65.gif/image-size:422×287
  • アクティビティ図は、上流行程のビジネスプロセスの流れや下流行程のプログラムの制御フローなどシステムの流れを表せるフローチャートのUML版です。
  • オブジェクト図は、ある特定の時点でのオブジェクトのインスタンス間の静的な構造を記述する図です。
  • クラス図は、クラス、属性、クラス間の関係からシステムの構造を記述する静的な構造図です。
  • 正しい。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop