応用情報技術者令和3年秋期 午前問74

午前問74

リーダシップ論のうち,ハーシィ&ブランチャードが提唱するSL理論の特徴はどれか。
  • 優れたリーダシップを発揮する,リーダ個人がもつ性格,知性,外観などの個人的資質の分析に焦点を当てている。
  • リーダシップのスタイルについて,目標達成能力と集団維持能力の二つの次元に焦点を当てている。
  • リーダシップの有効性は,部下の成熟(自律性)の度合いという状況要因に依存するとしている。
  • リーダシップの有効性は,リーダがもつパーソナリティと,リーダがどれだけ統制力や影響力を行使できるかという状況要因に依存するとしている。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

SL理論(状況対応リーダシップ理論)は、いかなる状況にも効果的な唯一万能のリーダ行動は存在しないという主張の下、リーダシップの有効性を状況との関係で捉え、状況要素のうち最も重要である部下や集団(フォロワー)の能力及び意欲の水準(レディネス)ごとに、有効性が高いリーダシップのスタイルを示したモデルです。

本モデルでは、部下に対する「指示の度合い」及び「協労の度合い」により、リーダシップのスタイルを以下の4つに分類しています。
高指示・低協労(スタイル1、教示的)
職務遂行について指図することが多く、支援的な活動をすることは少ない
高指示・高協労(スタイル2、説得的)
職務遂行についての指図、支援的な活動がともに多い
低指示・高協労(スタイル3、参加的)
職務遂行についての指図することが少なく、支援的な活動をすることが多い
低指示・低協労(スタイル4、委任的)
職務遂行についての指図、支援的な活動がともに少ない
また、特定の課題に対する部下や集団の成熟度(レディネス)を、「能力」及び「意欲」により以下の4段階に分類し、順番に移行していくものとしています。
低能力・低意欲(レディネス1)
能力が低く、意欲も低い(または不安を感じている)
低能力・高意欲(レディネス2)
能力は低いが、意欲は高い
高能力・低意欲(レディネス3)
能力は高いが、意欲は低い(または不安を感じている)
高能力・高意欲(レディネス4)
能力が高く、意欲も高い
このように定義された4つのリーダシップのスタイルと4つのレディネスを結び付けたのがSL理論です。有効性の高いリーダシップスタイルは、部下の成熟度により以下のように結び付けられます。最良のリーダシップスタイルは存在せず、それぞれのスタイルは状況によって、適切であったり、効果的であったりします。
74.gif/image-size:419×247
  • リーダの個人的な資質に注目する考え方は特性論的アプローチと呼ばれます。以前は、リーダの生来的な資質がリーダシップにおいて有効であると考えられていましたが、数々の研究がそうではないことを示しています。
  • リーダシップのスタイルを、指示的行動(個人若しくは集団の任務や職務遂行のあり方を指定する)の度合いと、協労的行動(個人若しくは集団との双方向若しくは多方向的な意思疎通を行う)の度合いの2つの次元で分類しています。
  • 正しい。リーダシップに影響を与える状況要素には、リーダ本人、フォロワー(部下など)、上司、同僚、組織、職務の要請、時間などがありますが、SL理論ではそのうちフォロワーの成熟度に依存する度合いが高いとしています。
  • リーダシップの有効性は、リーダが選択するリーダシップのスタイルと、フォロワーの成熟度に依存するとしています。また、リーダが発揮するパワーの効果も、フォロワーの成熟度に依存すると述べられています。
© 2010-2022 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop