応用情報技術者平成30年秋期 午前問21

問21

SoCの説明として,適切なものはどれか。
  • システムLSIに内蔵されたソフトウェア
  • 複数のMCUを搭載したボード
  • 複数のチップで構成していたコンピュータシステムを,一つのチップで実現したLSI
  • 複数のチップを単一のパッケージに封入してシステム化したデバイス
  • [出題歴]
  • 応用情報技術者 R3春期 問22
  • 応用情報技術者 H21春期 問22
  • 応用情報技術者 H27春期 問20

分類

テクノロジ系 » ハードウェア » ハードウェア

正解

解説

SoC(System on a Chip)は、CPUコア、GPUコア、DSP、メモリ、タイマ、通信などの機能を1つのチップ上で実現したシステムLSI(大規模集積回路)です。必要とされる全ての機能(システム)を1つの半導体チップに集積することによって、占有面積の削減、高速化、低消費電力化、コスト削減などのメリットがあります。
SoCがワンチップであるのに対して、複数のLSI(チップ)を1つのパッケージまとめることでシステムLSIを実現する方式をSiP(System in a Package)と言います。
21.png/image-size:250×267
  • ファームウェアの説明です。SoCは、ソフトウェアではなくハードウェアであるチップ自体を示す言葉です。
  • マイコンボードに関する記述です。
  • 正しい。SoCの説明です。
  • SiP(System in a Package)の説明です。
© 2010-2024 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop