HOME»応用情報技術者試験掲示板»平均アクセス時間について

応用情報技術者試験掲示板

掲示板検索:

平均アクセス時間について[2082]

コンパイルさん(No.1)

https://www.ap-siken.com/kakomon/20_aki/q32.html

平均アクセス時間についてですが、100万回300ナノ秒でアクセスして
その百万回の内1回だけ500ミリ秒でアクセスするので平均アクセス時間は

300×99/百万  +  500×1/百万

ではないですか?
間違ってたら教えてほしいです

2020.08.01 17:28
ミルキー@管理人(No.2)

ナノ秒とミリ秒で単位が異なる気がします。

ページフォールトが発生する1回のアクセス時間は、

  300[ナノ秒]+200[ミリ秒]=200,000,300[ナノ秒]

ですね。

2020.08.01 17:40
おわ!さん(No.3)

横から失礼致します。コンパイルさんの式から、
改善前の主記憶アクセス100万回に要する時間を、
ページフォールト発生なしの回の所要時間と
ページフォールト発生ありの回の所要時間の
合計で求めるお考えとお見受け致しました。

主記憶アクセス時間300[ナノ秒/回]は、
ページフォールト発生の有無によらず、毎回かかる時間です。

ページフォールトが発生すると、
主記憶アクセス時間300[ナノ秒/回]に加え、
オーバヘッド時間200[ミリ秒/回]がかかります。

(100万−1)回:ページフォールトの発生なし。所要時間は下記の(1)
主記憶アクセス時間=300[ナノ秒/回]×(100万−1)[回]・・・(1)

1回:ページフォールトの発生あり。所要時間は下記の(2)+(3)
主記憶アクセス時間=300[ナノ秒/回]×1[回]・・・(2)
オーバーヘッド時間=200[ミリ秒/回]×1[回]・・・(3)

改善前の主記憶アクセス100万回に要する時間
=(1)+(2)+(3)
=300[ナノ秒]×(100万−1)+300[ナノ秒]+200[ミリ秒]
=300×100万[ナノ秒]+200[ミリ秒]
=300[ミリ秒]+200[ミリ秒]=500[ミリ秒]
になります。

結局、
100万回とも必ず主記憶アクセス時間300[ナノ秒/回]がかかり、
うち1回だけオーバヘッド時間200[ミリ秒/回]が余分にかかりますので、
改善前の主記憶アクセス100万回に要する時間
=300[ナノ秒/回]×100万[回]+200[ミリ秒/回]×1[回]
=300×100万[ナノ秒]+200[ミリ秒]
=300[ミリ秒]+200[ミリ秒]=500[ミリ秒]
で計算しても変わりません。

2020.08.02 15:33
おわ!さん(No.4)

この投稿は投稿者により削除されました。(2020.08.02 17:10)

2020.08.02 17:10

【返信投稿用フォーム】

お名前(10文字以内)

顔アイコン


本文(2,000文字以内)

記事削除用パスワード(20文字以内)

プレビュー

※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイトとIPAサイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿No. パスワード 
© 2010-2020 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop