応用情報技術者過去問題 平成21年秋期 午後問3

問3 経営戦略

原価計算システムの再構築に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 E社は,電子部品メーカである。E社の工場では,製品の製造原価を計算し,分析するシステム(以下,原価計算システムという)を再構築することになった。今回の再構築では,より正確な原価を,より短期間で分析できるシステムが求められている。情報システム部のF君は,新原価計算システムの要件定義を担当している。

〔製造原価の分類〕
 F君はまず,製造原価を分類した。製造原価は,材料費,労務費,経費に分けられ,さらにそれぞれが,直接費,間接費に分けられる。
 E社の主な費用には,次のものがある。
  • ① 営業担当者の出張旅
  • ② 外注加工費
  • ③ 広告宣伝費
  • ④ 工場管理スタッフの給料
  • ⑤ 工場機械の減価償却費
  • ⑥ 工場消耗品費
  • ⑦ 主要材料費
  • ⑧ 直接作業員の直接作業時間分の賃金
  • ⑨ 本社スタッフの給料
  • I 本社の光熱費
 これらの費用のうち,製造原価にあたるものを選び出し,表1のとおり分類した。
pm03_1.gif/image-size:247×114
〔現状の製造原価計算〕
 F君は,工場で製造している2種類の組込みボード,製品Aと製品Bの製造原価を現状の原価計算システムで確認した。先月の実績を比較してみると表2のとおりであった。両製品ともハードウェアは同じである。ソフトウェアも同様のものを使っているが,製品Aでは得意先のニーズに応じてソフトウェアを変更するのに対し,製品Bでは標準化されていて変更はしない。製品1個当たりの直接材料費と直接作業時間,直接作業員の時間当たり賃金は,製品A,Bとも同じであった。間接費は,合計18,000千円を,直接作業時間を基に配賦している。
pm03_2.gif/image-size:505×247
 F君は,本来,ソフトウェアが標準化されている製品Bの方が,製造単価(1個当たりの製造原価)が安くなるべきなのに,製品Bの製造単価が,製品Aと同じになっていることに疑問を覚えた。そこで,製品Aと製品Bの製造単価が同じになっている原因を調べた上で,より正確な把握ができるよう新しい原価計算の方式を検討した。〔新原価計算システム〕
 F君は,間接費に着目し,新原価計算システムでは,間接費を,アクティビティ(以下,活動という)を基準に割り当てる方法を提案することにした。具体的な手順は,次のとおりである。
  • 間接費を構成している活動を列挙する。
  • 活動ごとの間接費を算出する。
  • 活動ごとに測定の単位を決める。
  • 原価計算対象の製品が消費した単位数で案分することによって,間接費を製品に割り当てる。
 F君は,この方法で,先月の間接費18,000千円を活動ごとに分類し,表3のとおりまとめた。
pm03_3.gif/image-size:522×165
 表3から求められる先月の製品Bの間接費の合計は,f千円となった。

 E社では,設計に関する情報は設計管理システムで,調達に関する情報は購買システムで,製造に関する情報は工場の稼働管理システムで,製品検査情報は検査管理システムで,それぞれ管理している。F君は,各システムの担当者に依頼し,先月消費した単位数のデータを,それぞれ,手動でダウンロードし,所定の書式に加工してから送ってもらった。多くのシステム担当者から,手間が掛かるので,定期的にデータを提供する必要があるなら,担当者の手を煩わせない方法を考えてほしいと言われている。

 F君は,現在,新原価計算システムの要件の詳細をまとめている。

設問1

表1中のacに入れる適切な字句を〔製造原価の分類〕の中から選び,①〜Iの番号で答えよ。

-解答入力欄-

  • a:
  • b:
  • c:

-解答例・解答の要点-

  • a:E
  • b:C
  • c:D

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問2

〔現状の製造原価計算〕について,(1),(2)に答えよ。
  • 表2中のdに入れる適切な字句を解答群の中から選び,記号で答えよ。
  • 本文中の下線部に関して,製品Bの1個当たりの間接費が製品Aと同じなのはなぜか。原価計算上の観点から,25字以内で述べよ。
d に関する解答群
  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 限界利益
  • 税引前純利益

-解答入力欄-

    • d:

-解答例・解答の要点-

    • d:
    • 直接作業時間を基に間接費を配賦しているから (21文字)

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問3

E社の新原価計算システムについて,(1),(3)に答えよ。
  • 表3中のeに入れる適切な字句を解答群の中から選び,記号で答えよ。
  • 各システム担当者の手を煩わせないようにするために,新原価計算システムの構築に当たって,考慮すべきことを,30字以内で述べよ。
  • 新原価計算システムで計算すると,製品Bの間接費の合計は幾らになるか。fに入れる適切な数値を答えよ。
e に関する解答群
  • 売上金額
  • ガソリン代
  • 製品在庫数
  • 調達業者数
  • 発注書枚数

-解答入力欄-

    • e:

    • f:

-解答例・解答の要点-

    • e:
    • 消費した単位数のデータを自動的に取得する機能の追加 (25文字)
    • f:6,400

-解説-

この設問の解説はまだありません。
問3成績
【21年秋期 午後問題】
 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop