応用情報技術者平成31年春期 午前問26

午前問26

データベースを記録媒体にどのように格納するかを記述したものはどれか。
  • 概念スキーマ
  • 外部スキーマ
  • サブスキーマ
  • 内部スキーマ
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H18秋期 問58

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

ANSI/X3/SPARCで定義されている3層スキーマ構造は、概念スキーマ、外部スキーマ、内部スキーマの3つのグループに分けてデータ定義を行うデータベースモデルです。
26.gif/image-size:263×293
概念スキーマ
データベース化対象の業務とデータの内容を論理的な構造として記述したもの。テーブルの正規化やCREATE TABLEによる表定義が概念スキーマに相当する。
外部スキーマ
データの利用者からの見方を記述したもの。SQLのビューが外部スキーマに該当する。
内部スキーマ
データを記憶装置上にどのような形式で格納するかを記述したものです。ファイル編成やインデックスの設定などが内部スキーマに相当する。
サブスキーマ
外部スキーマの別称。
したがって、データベースを記録媒体にどのように格納するかを記述するのは「内部スキーマ」になります。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop