応用情報技術者過去問題 令和2年秋期 午後問5

問題文解答用紙を別タブで開けます(印刷可能)。

問5 ネットワーク

仮想デスクトップ基盤の導入に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 L社は,本社のほか,全国に5か所の営業所をもつ中堅の医療機器販売会社である。L社では,本社と営業所の間を広域イーサネットサービス網(以下,広域イーサ網という)で接続し,業務サーバやファイルサーバ(以下,FSという)などを運用している。現在のL社のネットワーク構成を図1に示す。
pm05_1.gif/image-size:554×367
 L社の本社と営業所の社員による,現状のNPCの利用形態を次に示す。
  • 本社の社員は,サーバ室の業務サーバを利用するとともに,ルータ1経由でインターネットにアクセスする。資料の印刷はオフィスエリアのPRで行い,ファイル共有はサーバ室のFS1で行う。
  • 営業所の社員は,広域イーサ網経由で本社の業務サーバを利用するとともに,自営業所のルータ経由でインターネットにアクセスする。資料の印刷は自営業所のPRで行い,ファイル共有は自営業所のFS(FS2〜6)と本社のFS1の両方で行う。
  • 本社と営業所の営業員は,外出時に各自のNPCを携帯し,NPCに保存したファイルを使って,顧客先でプレゼンテーションや製品の説明などを行う。

〔現状の問題点と改善策の実施〕
 L社では,営業員が外出時にNPCを持ち出すので,NPCの紛失などによる秘密情報の漏えいリスクがあり,改善策が求められていた。一方,営業員からは,外出先でもNPCを利用して社内と同じ作業を行いたいという要望が挙がっていた。また,情報システム部では,営業所のシステム運用負荷を軽減したいという課題をもっていた。そこで,L社では,仮想デスクトッフ基盤(以下,VDIという)の導入を決め,VDI導入プロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトの責任者となった情報システム部のM課長は,部下のN主任に,導入するネットワーク構成の設計を指示した。

〔VDIの導入後のネットワーク構成の検討〕
 N主任は,VDIの方式を調査してネットワーク構成を検討した。N主任が設計したVDI導入後のネットワーク構成を図2に示す。
pm05_2.gif/image-size:552×311
 N主任が,VDI導入後のネットワーク構成と併せて検討した運用方法を次に示す。
  • 本社のサーバ室に,仮想PCを稼働させるVDIサーバと関連機器を導入する。
  • 5か所の営業所のFS2〜6を,本社のサーバ室に移設するとともに,サーバ室にDHCPサーバを導入して,全社のTC及び仮想PCにIPアドレスなどのネットワーク情報を付与する。そのほかに,営業所からのインターネットアクセスを本社経由に変更することで,営業所のシステム運用負荷を軽減する。
  • VDIの導入時に,NPCの内蔵ディスクに保存されているファイルを,VDIサーバに接続するディスクシステムに移した後,NPCから消去してNPCをTC化する。
  • 社内からは,TCでセッション管理サーバに接続して認証を受けた後に,当該利用者向けの仮想PCが使用できる。仮想PCからTCに,画面の情報が転送される。
  • 外出先からは,DMZに導入するSSL-VPN装置経由で仮想PCを使用する。TCでSSL-VPN装置に接続すると,TCに保存されたクライアント証明書と,利用者ID,パスワードという異なった利用者認証方式を組み合わせたa認証を受ける。SSL-VPN装置は,bと認証連携して,SSL-VPN装置での認証だけで仮想PCを使用できるようにする。
  • TCで仮想PCに接続すると,社内と同じ作業が外出先でも行える。

〔通信トラフィックの変化内容の検討〕
 次に,N主任は,VDI導入による通信トラフィックの変化について検討した。最初に,現在,全社で発生している主要な通信の種類と内容を表1にまとめた。
pm05_3.gif/image-size:530×141
 次に,表1に示す通信に対する通信帯域の実績値などを基に,VDI導入後に,本社の社員向けの全仮想PC(以下,本社仮想PCという)及び五つの営業所の社員向けの全仮想PC(以下,全営業所仮想PCという)で発生する通信について検討した。N主任がまとめた,VDI導入後の最も混雑した時間帯に必要な平均通信帯域の予測値を表2に示す。表2中の項番6,7は,VDI導入後に新たに発生する通信であり,項番7は,外出先のTCがSSL-VPN装置経由で仮想PCを使用したときに発生する通信である。
pm05_4.gif/image-size:579×275
 表2の結果から,プロバイダと契約している広域イーサ網への接続回線の帯域,及び本社のインターネットへの接続回線の帯域の見直しは,不要であると判断できた。N主任は,検討結果をM課長に報告し,VDIの導入構成案が承認された。

設問1

本文中のabに入れる適切な字句を答えよ。

-解答入力欄-

  • a:
  • b:

-解答例・解答の要点-

  • a:2要素 又は 多要素 又は 2段階
  • b:セッション管理サーバ

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問2

図1及び図2について,(1),(2)に答えよ。
  • 図1の構成で,本社のNPC及び営業所1のNPCそれぞれに設定されているデフォルトゲートウェイの機器を,それぞれ図1中の名称で答えよ。
  • 図2の構成で,営業所1内のTC向けにDHCPリレーエージェントを稼働させる機器を,図2中の名称で答えよ。また,DHCPリレーエージェントが必要になる理由を,40字以内で述べよ。

-解答入力欄-

    • 本社のNPC:
    • 営業所1のNPC:
    • 機器名:
    • 理由:

-解答例・解答の要点-

    • 本社のNPC:L3SW1
    • 営業所1のNPC:L3SW2
    • 機器名:L3SW2
    • 理由:
      DHCPサーバは,営業所1のTCと異なったセグメントに設置されているから (36文字)

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問3

〔通信トラフィックの変化内容の検討〕について,(1),(2)に答えよ。
  • VDI導入後に,広域イーサ網を経由しなくなる通信の種類を表1中の項番で,新たに広域イーサ網を経由する通信の種類を表2中の項番で,それぞれ全て答えよ。また,VDI導入後の,図2中のL3SW1から広域イーサ網に向けた通信について,最も混雑した時間帯の平均通信帯域を,Mビット/秒で答えよ。
  • 表2中の項番5及び7の通信は,本社のルータ1を経由して行われるが,項番7の通信の平均通信帯域(36Mビット/秒)は,項番5の通信の平均通信帯域(75Mビット/秒)に含まれない。その理由を30字以内で述べよ。

-解答入力欄-

    • 経由しなくなる通信:
    • 新たに経由する通信:
    • 平均通信帯域:Mbit/秒

-解答例・解答の要点-

    • 経由しなくなる通信:1,2
    • 新たに経由する通信:4,6
    • 平均通信帯域:35
    • インターネット利用通信と逆方向のトラフィックだから (25文字)

-解説-

この設問の解説はまだありません。
問5成績

令和2年秋期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 採点講評
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop