応用情報技術者過去問題 令和2年秋期 午後問8

問題文解答用紙を別タブで開けます(印刷可能)。

問8 情報システム開発

アジャイルソフトウェア開発手法の導入に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 H社は,電車や飛行機などの移動手段と宿泊施設をセットにしたパッケージツアーをインターネットで販売している。このサービスを提供している現行システムに,移動途中や宿泊先近辺の商業施設と提携して,観光地の情報提供やクーポン配布を行うサービスを追加することになった。その開発手法として,アジャイルソフトウェア開発(以下,アジャイル開発という)手法の一つであるスクラムを採用する。

〔開発体制の検討〕
 本開発を通してH社でアジャイル開発経験者を育成するために,プロジェクトメンバに求められる役割と割り当てるメンバ(M1〜M7)について検討した。その開発体制を表1に示す。
pm08_1.gif/image-size:571×346
〔開発プロセスの検討〕
 アジャイル開発経験者からアジャイル開発経験のないメンバに経験を伝えるために,プランニングポーカやペアプログラミングなどのプラクティスを幾つか導入することにした。検討した開発プロセスを表2に示す。
pm08_2.gif/image-size:561×405
 週に2日,社外から招へいするアジャイルコーチが効果的にプロジェクトに参画できるようにするため,招へいするタイミングをc及びdのファシリテータを依頼するタイミングに合わせてもらうことにした。
 また,プロジェクトの進捗状況を可視化するためにバーンダウンチャートをホワイトボードに書き,eためにスプリントごとのベロシティを計測することにした。

〔レトロスペクティブの実施〕
 初回のスプリントのレトロスペクティブにおいて,二つの問題点が取り上げられた。
 一つ目は,②デイリースクラムに目安の倍以上の時間を掛けてしまう問題点である。状況を確認したところ,このミーティングはメンバの出社時間がバラバラなので夕方に実施していた。また,その日の問題を解消するために解決方法まで議論することにしていた。さらに,進捗状況を共有するために,タスクボードを作成し,その周囲に集まって立った状態で実施していた。
 二つ目は,スプリント計画どおりにタスクを全て終わらせることができなかった問題点である。③スプリントバックログ管理上の課題を分析するために,バーンダウンチャートを用いてポイントと考えられる箇所について確認した。バーンダウンチャートを図1に,確認したポイントを図2に示す。
pm08_3.gif/image-size:537×243
 二つの問題点それぞれについて原因と解決策,課題を分析して,次回以降のスプリントで改善に取り組んだ結果,それらの問題点を解決できた。

設問1

表1及び表2中のaに入れる適切な字句を答えよ。また,表1中のbに入れる最も適切な字句を解答群の中から選び,記号で答えよ。
b に関する解答群
  • 具体的
  • 自律的
  • 組織的
  • 段階的

-解答入力欄-

  • a:
  • b:

-解答例・解答の要点-

  • a:プロダクトオーナ
  • b:

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問2

〔開発プロセスの検討〕について,(1),(2)に答えよ。
  • 表2中の下線①を行う際のメンバの割当て例として最も適切なものを解答群の中から選び,記号で答えよ。
  • 本文中のcdには,表2中の小分類のいずれかが入る。(1)〜(7)から選び,その番号で答えよ。また,本文中のeに入れる適切な字句を解答群の中から選び,記号で答えよ。
(1) に関する解答群
  • M4がドライバ,M5がナビゲータを担う。
  • M4がドライバ,M6がナビゲータを担う。
  • M4がナビゲータ,M6がドライバを担う。
  • M4とM5がドライバとナビゲータを交代で担う。
  • M4とM6がドライバとナビゲータを交代で担う。
e に関する解答群
  • 開発チームが現在1スプリントで開発できるタスク量を測定する
  • 開発チームがこれまでのスプリントで完了させたストーリポイントを測定する
  • 各プロジェクトメンバのアジャイルスキル習得度合いを測定する
  • 各プロジェクトメンバの生産性を測定する

-解答入力欄-

    • c:
    • d:
    • e:

-解答例・解答の要点-

    • c:(4)
    • d:(7)
    • e:

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問3

〔レトロスペクティブの実施〕について,(1),(2)に答えよ。
  • 本文中の下線②の問題点の原因と解決策を,それぞれ25字以内で述べよ。
  • 本文中の下線③にある,スプリント内におけるスプリントバックログ管理上の課題について,35字以内で述べよ。

-解答入力欄-

    • 原因:
    • 解決策:

-解答例・解答の要点-

    • 原因:問題の解決方法まで議論してしまった点 (18文字)
    • 解決策:問題解決のための会議体を別途設ける (17文字)
    • スプリント期間中に外部からの変更要求を受け入れてしまった点 (29文字)

-解説-

この設問の解説はまだありません。
問8成績

令和2年秋期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 採点講評
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop