応用情報技術者過去問題 平成24年春期 午後問6

⇄問題文と設問を画面2分割で開く⇱問題PDF⇱解答用紙PDF

問6 データベース

複数の図書館の検索システムの統合に関する次の記述を読んで,設問1〜4に答えよ。

 隣接するA市とB市は,半年後に合併を控えており,様々な情報システムの統合を計画している。両市が運営する図書館システムについて,統合を検討した結果,両図書館の貸出し可能な蔵書が確認できる統合検索サービスを実現することにした。その設計は,システム開発会社のC君が担当することになった。
 A市とB市の現在の図書館システムのテーブル構造を表1と表2に示す。表1と表2において,下線は主キーを表す。
pm06_1.gif/image-size:493×347
 C君が統合検索サービスの実現方式について,調査検討を行った結果を次に示す。
  • 両システムの蔵書テーブル中の"蔵書番号"には,共に10桁の数字が使われており,"蔵書A"テーブルと"蔵書B"テーブルの間で重複があった。
  • 両システムとも貸出記録テーブルの"返却日"の値は,貸出中はNULLを,返却後は返却した日付を設定していた。
  • 両システムのテーブルを統合する際,既存のテーブル定義とデータを保持したまま,一つのスキーマ上に各テーブルを実装することにした。
  • 統合検索サービスを実現する際,①統合検索向けのテーブルを作成して夜間バッチ処理で両市図書館の情報をコピーする方法と,ビューを用いて両市図書館の情報を直接参照する方法を比較し,ビューを用いて実現することにした。
 C君が統合検索サービスを実現するために作成した"統合検索"ビューを図1に示す。
pm06_2.gif/image-size:523×342
〔統合検索サービスの拡張〕
 統合検索サービスの構築中に,市民からの強い要望があり,両市の図書館で貸出可能な蔵書の確認だけでなく,貸出予約もできる機能を追加することになった。そこでC君が検討した結果,両システムの蔵書テーブルに"貸出状況"の列を追加した。追加後の蔵書テーブルを表3に示す。ただし,"貸出状況"の列には"貸出中","貸出可"又は"予約済"(貸出中ではないが,予約されていて借りられない状態)のいずれかが格納されているものとする。貸出予約は,"貸出状況"の値が"貸出可"となっている蔵書を,"予約済"に変更する処理である。
pm06_3.gif/image-size:294×91
 蔵書テーブルの変更後,C君はビューを使って,貸出予約に対応した"統合貸出予約"ビューを図2のとおり作成した。"統合貸出予約"ビューは,"貸出状況"の値が"貸出可"となっている蔵書の一覧を表示するものである。
pm06_4.gif/image-size:525×260

設問1

図1と図2のSQL文中のagに入れる適切な字句を答えよ。列名は,テーブル名を省略せずに,"テーブル名.列名"と記述すること。

-解答入力欄-

  • a:
  • b:
  • c:
  • d:
  • e:
  • f:
  • g:

-解答例・解答の要点-

  • a:蔵書A.書籍番号 = 書籍A.書籍番号
  • b:貸出記録A.返却日 IS NULL
  • c:UNION 又は UNION ALL
  • d:蔵書B.ISBN番号 = 書籍B.ISBN番号
  • e:貸出記録B.返却日 IS NULL
  • f:蔵書A.貸出状況 = '貸出可'
  • g:蔵書B.貸出状況 = '貸出可'

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問2

本文中の下線①の方法を用いた場合に,利用者が貸出状況を正しく確認できない可能性がある。その理由を30字以内で述べよ。

-解答入力欄-


-解答例・解答の要点-

  • 夜間バッチ処理後に貸出状況が変わることがあるから (24文字)

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問3

図1の"統合検索"ビューは更新不可能なビューである。"統合検索" ビューが更新不可能なビューとなっている理由を解答群の中から選び,記号で答えよ。
解答群
  • 検索条件を複数指定しているから
  • 集約関数を用いているから
  • 複数の表からビューを作成しているから
  • 副問合せを用いているから

-解答入力欄-

-解答例・解答の要点-

-解説-

この設問の解説はまだありません。

設問4

図2の"統合貸出予約"ビューで一意キーとなるのはどれか。列名を全て答えよ。

-解答入力欄-

-解答例・解答の要点-

  • 蔵書番号,図書館名

-解説-

この設問の解説はまだありません。
問6成績

平成24年春期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 採点講評
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop